JRL-2000Fコントローラー

IC-705との接続は

2022/10/22 Ver2.5
 ICOMを選択した場合、周波数読み取りコマンドを送信していましたが、ICOMリグで「アンテナチューナーを使用する」に設定すると、周波数の変化に伴い周波数データを出力するので、コマンドの送信が不要になりました。
2022/05/15 Ver2.4
 リグの電源を再投入した時の不具合を修正しました
2022/05/10 Ver2.3
 リグの切り替え(KENWOOD ICOM)が出来ないのを修正しました
2022/02/19 Ver2.2
 シリアルポートの設定画面で「設定」ボタンを[Open]に変更
2021/05/04 Ver 2.1
 ICOMリグアドレスが変更できなかった
2021/04/30 Ver 2.0
 ICOMリグと切り替えられるようにしてリニューアル
 工人舎のKA1-403Sとも同期できます
 これですべて自動になります(周波数を動かす→PCで周波数を取得してリニアをセット、アンテナを切り替える→アンテナのチューニングを行う)



設定メニューは画面上で右クリックすると下図のようにメニューが出ます
マウスホイール反転
 周波数のUP/DOWNの方向を逆にします。
MANUAL動作の時、周波数表示上でホイールを回すと周波数を可変できます。
この時、ホイール動作とUP/DOWNの方向を好みに合わせます。

ハードウェア
USB←→CI-V変換にはICT-18を使用しています。
JRL2000FとはRS-232Cからレベル変換をする回路が必要です。

JRL-2000側にコネクターが2系統あるのは、2台をパワー合成しているためです。
JRL-2000のアンテナ切り替えを使用するには1台での動作にします。

ダウンロード
 JRL-2000コントローラー V2.2



質問等は下記へメールください
JA7EIF @ murayama.city
@前後の空白を取り除いてください。

インストール&アンインストール
 適当なフォルダーを生成してその中に解凍します。
 レジストリーは使用しませんので、アンインストールは削除するだけです。
 プログラムの使用は自己責任でお願いします。
 旧バージョンを使用していて、アンテナ切り替え情報を引き継ぐ場合はEXEファイルだけ上書きしてください。

起動
 解凍して出来たファイルjrl2000f_controller.exeをダブルクリックします。

COMポートを使用する機器にに合わせてください。
 TS-2000コントローラーと共に起動した場合は、シリアルポートをTS-2000に優先接続し、TS-2000からはWindows Messageを通してデータが送られるようになります。
ICOM機器には機器のアドレスがあります。
ご使用になるアドレスを設定して下さい。
このプログラムのコントローラーアドレスはデフォルトで[E0]になっています。
不都合であればアプリケーションを置いてあるフォルダーの"Serial4.INI"をメモ帳で開いて[OWN=E0}を変更してください。



IC-705との接続
 PCとペアリングします
 マニュアルを参照してください(IC705では<相手局からペアリングを選択します)
 ペアリングできましたらPC画面の"その他のBluetoothオプションを"をクリックします
 "COMポート"タブを選択します
 発信ICOM BT(IC-705) 'SPP Dev'と着信ICOM BT(IC-705)が表示されればOKです
 使用するのは発信のCOMポートになります
 ICOMのCOMポートを選択して
 アドレスに A4 (デフォルト値、変更した場合はその値)を入れます
 [設定]ボタンを押して確定します
 メイン画面でマニュアルにしてから再度ICOMを選択します